働き方を変えると残業を減らせる!

医療職の中でも、看護師はちょっとした雑用まで気軽に頼まれてしまいます。何かトラブルがあったり、急に人手が足りなくなったときには真っ先に呼び出され、仕事を任されてしまいます。したがって、看護師は残業が非常に多くなりがちです。確かに病院は給料の支払いがきちんとされているので、残業代はしっかりと付けてもらえます。ただし、お金の問題ではない場合もあるでしょう。疲れているのに残業を命じられてしまうと、それが医療ミスに繋がってしまう恐れもあります。体力的に辛い思いをするぐらいなら、離職してしまった方がマシだと考える人もいるかもしれません。そうした問題を解決するためには、残業を避けるために予め対策を練っておくことをおすすめします。

残業をしないコツは色々なものがあります。まず、病院や診療科目をチェックして、残業が多くなりそうかどうかを就職する時点で見極めましょう。救命救急センターや急性期病院などでは、急に仕事が増えることが珍しくありません。しかし、地方の診療所なら、残業はあまりないはずです。このように、働く医療機関によって残業の量は予想できます。残業を減らしたいのであれば、まずは急患が少なそうな職場を見つけるようにしましょう。

耳鼻咽喉科や眼科などのクリニックはその点で人気があります。急患が来る可能性は少なく、定時で診療を終えるところが多いからです。また、既婚者は独身者よりも早めに帰らせてもらえるケースもあるでしょう。特に子供がいると場合などは、シフトの相談もしやすいはずです。また、大きな病院に比べるとクリニックのほうが看護師同士も密な関係が築きやすいので、残業がある場合も助け合いながら業務を行えるので、疲労やストレスを軽減できます。

夜勤で残業をしないために必要なこと

看護師や介護士が働く現場では、夜勤が必要になることが少なくありません。日勤では全く残業をしないという人も、夜勤になった途端に毎回のように残業をしてしまう場合があります。夜勤で残業をしないためには、日勤とは異なる考え方と仕事の仕方が必要になることに留意しましょう。

夜勤で残業をしないためには、仕事を始める前に十分な準備を行うことが欠かせません。日勤に比べると人材が少ない状況で働かなければならないため、必要最小限の仕事を行うように計画を立てることが重要なのです。まずは十分に患者の情報に目を通して、それぞれの患者に対して何を行う必要があるかを明確にしてから仕事を始める必要があるでしょう。それを怠ってしまうと余計な仕事を増やしてしまうことになりかねません。日勤と違って夜勤の時は来訪者はいないことから、基本的には自分の仕事に専念できるものの、ナースコールがあると速やかに仕事を中断して、患者のところへ向かわなければなりません。仕事を中断して他の仕事を行うと、それまでに何を行ったかを忘れてしまうこともよくあります。その状況に陥っても時間を無駄にしないためには、個々の患者に対する看護の仕事の量を減らすことが大切であり、そのための準備は欠かせません。

患者についての情報を徹底しておくことによって、申し送りの時間を最小限にすることも一つの手です。書面で記録する内容も口頭で伝える内容も、情報をまとめて、手際よく引き継ぎをし、速やかに仕事を終えられるように心がけましょう。