残業が多い医療職が残業しないためのコツ

日本は高齢化が進んでおり、看護師・介護士不足であるため、一人当たりの業務量が多いと言われています。そのため医療職では、残業をしなければ一日の業務を終える事が出来ないといった問題を抱えています。また、急変などがあった場合にも十分な人員を確保出来ていないために、残業しなければならない場合もあるようです。

そんなハードな医療現場で働く看護師や介護士が残業をしないためには、チーム内できちんと情報を共有し、連携をとる事が大事です。受け持ち患者の状態が安定している場合には、比較的日常のケアに時間を作る事が出来るでしょう。ですが急変の可能性のある患者や、急変が起こった患者を受け持っている場合には、その際の処置だけではなく、看護記録も記載しなければなりません。チームの連携がとれていないと、受け持ちのスタッフとリーダーだけで行う事になってしまい、どうしも看護記録を最後に残してしまいます。業務内で処置をする事しか出来なかった場合には、残業をして看護記録を書かなければなりません。業務終了間際に他のスタッフに助けを求めても、他のスタッフも業務最終の看護記録を書かなければならないので協力してもらえるかわかりません。そのため、そうならないためには、急変や業務が多い場合には、その都度他のスタッフの進行状況を確認し、早めに助けを求める事が大事です。

バイタルチェックや処置などは他のスタッフに代わってもらう事が出来ますので、自分は記録や家族の対応に専念する事が出来ます。医療はチームで行うので、必要な時には助けを求める事も大事です。普段からチーム内で協力し合える環境を作っておくと良いでしょう。また、Web上にある医療現場の残業問題に注目したサイトには、現場の状況や残業を減らすためのお役立ち情報などが書かれているので、併せてチェックしておくと更に有効な方法が見つかるかもしれません。⇒⇒⇒http://xn--68jub022qntsonch7xv0q.net